top of page
Blog

白い家と黒い家 現場4

仕上素材や家具、建具の製作図も全て打ち合わせが終わり、いよいよ内装工事終盤にさしかかってきました。 素材の箇所はもちろんのこと、各素材の見切り部の納まり(素材と素材のつなぎ目の部分)が工務店との打ち合わせ通りきちんと施行されているか確認していきます。 ノトノートデザインワークスでは比較的シンプルなデザイン構成が多いため素材と素材のつなぎ目を綺麗に施行することでより空間の美しさが際立つことととなります。

障子の下部レールの溝




玄関 上框とアルミ巾木の納まり

  




















2回階段部のフローリングと壁の納まり

などなどほんの一例なのですが、上記のような部分を細かく指定し自らも現場に出向き確認作業を行い進めていきます。 住宅メーカーさんや建売業者さんではなされない設計事務所で家づくりを行う強みの一つでもあります。

Comments


bottom of page