top of page
Blog

木造2階建て 住宅リノベーションプロジェクト 現場2

内部を解体した後は、構造の補強箇所が想定位通り取り付けれるかを実際に現場にて確認していきます。

今回、耐力壁(建物の構造上必要な壁)と柱の位置を変更しましたので 既存の建物よりも耐力が低下しないよう新たに新設しました。 実際に構造設計者の方に現場に来ていただき、問題なく取り付けれるか & 取り付け方法は問題ないかを目視にて確認しつつ工事を進めていきます。

構造用合板による新設耐力壁箇所



梁補強箇所

    柱を3本抜いた箇所のみ 鉄骨製の梁を補強しました。木製梁より部材の高さを抑えることができます

リノベーションを行う際に、既存図面と現場が微妙に違うことがよくあるため

現場監督を含めすうにんで入念チェックしていきます。 工期の制限もあるため素早い対応が求められる点では我々設計者からすると新築よりもリノベーションの方が少し難易度が高く感じます。


当projectでも他所の壁位置のづれや、耐力壁の枚数に相違がありましたが大きな問題はなく 以降の工事を進めれることとなりました。 (いつもこの段階で 一旦はホッとします、、)

Comments


bottom of page