top of page
Blog

木造2階建て 住宅リノベーションプロジェクト 現場1

先日、お引き渡し完了しました「新旧を繋ぐ家」の現場日記を遅ればせながらレポートしていきます 去年年末よりスタートしていた解体工事が終わりほぼスケルトン状態が見えてまいりました。

当計画のポイントとしては1階のホール+和室、2階の個室+廊下の一部の既存仕上げを残したらまま

デザイン的 & 納まり的に綺麗に見せれるかが重要となります。

 



また、一部構造構造柱 + 耐力壁を撤去しなければならないため解体を行いながら既存図面通りに構造材が

配置されているかなどを入念にチェックしていきます。

(PLAN時にはもちろん壁の内側まで正確には確認できませんのでこのタイミングで行うのがベストとなります。)

 

確認後 発覚したのですが一部 構造材(柱 + 基礎位置)の配置が微量にずれている箇所が発覚しましたので

クライアントに報告しPLANの微量修正を行いながら現場を進めてきます。


築年数は約40年ほどなのですが

既存建物は建築家の方が設計されしっかりとした材を選定されていたため非常に良い状態で構造が残っているのが確認できました。 (水廻りは一部木が腐っていた箇所は新たにやり変えましたが。。



↓ トイレ〜浴室の間の床下の土台が腐っていました



Kommentare


bottom of page